防府市エステハイパーナイフ 大切な血液のおはなし7

2020/11/17 ブログ
血液の改善

こんにちはsmiley

腱引きサロンLumineです♪

本日は、大切な血液のおはなし7についてお伝えしますheart

 

【血液をきれいに保つには】

私たちが健康に過ごすためには、

「いかにきれいな血液を保つか」ということが大事です。

しかし、私達は現代社会の中で、まったく血液を汚さないように生活することは不可能です。

きれいな血液を保つには糖や中性脂肪等の汚れの原因となる栄養素の過剰摂取を防ぎ、入ってしまった汚れを外に出してきれいにする必要があります。

血液が汚れることは、急に起こることではなく、毎日の生活習慣の積み重ねに起因しています。

 

血液の汚れを改善するには、

毎日の生活習慣を変える必要があります。

 

 

そのカギは・・・

1 食習慣

食べすぎない

ただでさえ、現代の食生活は高カロリーや高脂肪の食事が多くなりがちで、食べすぎてしまう傾向にあります。

「腹八分」を心がけましょう。

食べすぎてしまうと、それぞれの器官で使いきれなかったり分解しきれなかった栄養等が、どんどん血液の中に入り込み、血液がドロドロになります。

まずは、

余分なものを入れすぎないことが改善の第一歩です。

 

2 運動習慣

ウオーキング等の軽い運動を定期的に行う

血液が体を循環するには、心臓だけではなく筋肉も重要です。

それぞれの部位で筋肉が収縮することで、血液の循環をサポートして血液の巡りをよくします。

血液循環させ、老廃物等を体の外に出さないと血液はきれいになりません。

血液の流れが悪くなるとそれぞれの部位で不具合が生じます。

例えば、肩こりや足のむくみ等も血液の流れに起因します。

適度な運動やストレッチを心がけましょう。

 

 

3 睡眠習慣

成長ホルモンを意識する

成長ホルモンは大人になっても毎日分泌され、役割のひとつとして血管内皮細胞を修復します。

成長ホルモンは、夜10時から深夜2時最も分泌され人間はこの時間に血管内皮細胞の修復を行い、1日をリセットします。

「血管の掃除の時間」とも言えます。

しかし、

この時間に睡眠できていないと血管の修復等が十分に行われず、疲労が蓄積します。

夜10時から深夜2時の間は睡眠ゴールデンタイムです。

 

この時間帯に深い眠りに付くよう、ご自身の生活習慣を調整してみてはいかがでしょうか。

 

4 ストレスをためない

ストレスを発散する方法を見つける

老廃物をためる原因の一つでもあるストレスですが、現代社会でストレスを感じずに生活することは容易ではありません。

日頃から減少・発散させることが大事です。

軽い運動やストレッチ・呼吸法・瞑想等もストレスを軽減する方法です。

これらの方法に限らず、何かしら自分の中にストレスを発散する方法を見つけて、気分を変えることで健康を維持しましょう。

 

よく笑う

最近では免疫の研究が進み、「笑うこと」が健康に良いことが広く知られるようになりました。

 

「笑うこと」で血液中の免疫細胞が活発になり、体内に入ってきた細菌等を退治する効果が上がることも、研究成果として認知されています。

 

免疫力アップのためにも、口角を上げて、恥ずかしがらずに「笑うこと」を実践してみてください。

 

 

5 余分なものをためない

血液に入ってしまった余分なものをためないように「出すこと」を意識する

 

血液中の余分なものは、最終的に腎臓で濾過されて尿として体の外へ追い出されます。

また、腎臓では体に必要なものを再吸収し、体内に留める働きをしています。

腎臓の働きが悪くなると尿が出なくなり重篤な状態になります。

 

水分を多くとる等して、尿もしっかり出しましょう。

 

「いかにきれいな血液を保つか」ということを意識して、毎日の生活習慣を見直していきましょう!!