防府市エステ痩身ハイパーナイフ炭水化物で太らないツボ

2021/04/15 ブログ
炭水化物で太らないツボ

こんにちはsmiley

腱引きサロンLumineです♪

本日は、炭水化物を食べても気にならないツボをお伝えしますheart

 

【炭水化物食べても太らないための5つのツボ】

 

「炭水化物の太りにくい食べ方を知りたい‥」

          

5つのツボをおさえておきましょう!

 

(1) おかずの種類を考える

ごはんなどの炭水化物を食べる時は一緒に食べる“おかず”を考える。

サバなどの青魚類や豚肉、牛肉。

これらは脂質が多く組み合わせるとカロリー過多になりやすいです。できるだけ脂質の少ない肉類や白身魚を選びましょう!

 

(2) 冷やして食べる

ご飯に含まれるデンプンは冷やすと“レジスタントターチ”に変化します

レジスタントターチとは食物繊維の物質のこと。

GI値も低く太りにくい事が知られています。

サツマイモや蕎麦なども冷えたモノの方がダイエット向きなんです!

 

(3) 低カロリー密度の物を意識する

カロリー密度とは“食材の重さに対してどのぐらいカロリーが含まれているか?”を表したもの。

 

水分量の占める割合がたかいほどカロリーは低くなります。

ご飯とパンで比べるとご飯の方が水分量も多いためカロリー密度も低くなっていますsmiley

 

(4) 噛む回数を増やしましょう!

特に忙しい朝や時間がないとき。ご飯をかき込んだり、あまり噛まずに食べてしまうと満腹中枢が刺激されません。

食べたのにすぐ空腹がおきてしまうことにもなります。

 

1回当たり“30回”を目安にできるだけ噛んで食べる事を意識しましょうsmiley

 

(5) 白米食べるなら食物繊維を足す

白米などの精製穀物は玄米や麦ご飯に比べて食物繊維が少なめです!

その為、炭水化物の中ではGI値をあげやすいと言われています。

結局は食べ合わせです。

 

おかずとして野菜や海藻類、キノコ類などの食物繊維を摂取しましょう。

これらを一緒に食べてあげればトータルのGI値は下がり太りにくくなりますsmiley

 

 

食事の中で取り入れられそうなことからやってみましょう!!