防府市整体腰痛肩こり改善自重ストレッチ

2021/07/21 ブログ
ストレッチ

こんにちはsmiley

腱引きサロンLumineです♪

本日は、「自重ストレッチ」で血管若返りで腰痛・肩こり予防についてお伝えしますheart

 

【自重ストレッチって?】

筋肉を柔らかくし、関節の動きを滑らかにして

可動域を広げる効果のあるストレッチ。

 

「なんだか面倒」

「別に体が硬くても困らないし‥」

と思っている人もいるかもしれません。

しかし・・・

体が硬いと、肩や腰の痛みやコリだけで

なく、血管が硬くなり、動脈硬化を招く恐れも

あることをご存じですか?

 

「自重ストレッチ」は、

筋力を使って“伸ばす”代わりに、

重力を使って“伸ばされる”ストレッチです。

 

痛みがなく、気持ちいいだけでなく、

腰痛・肩こりの予防や、血管の老化を防ぐなど

多面的な効果も期待できます。

 

【「180度の開脚」は無理でも「体が硬くなる」ことは問題 】

いつまでもしっかりした足腰を保ち、

元気に長生きするためには、日ごろの運動週間が

欠かせません。

 

運動は・・・

脂肪を燃焼させ、全身の血流を改善

し、筋肉量を増やして足腰の衰えを防ぎます。

 

さらに・・・

定期的な運動には

血圧や血糖値を下げる効果もあります。

 

実際に・・・

運動習慣がある人は病気になりにくく、

寿命が長いことを示すエビデンスはいくつもあ

ります。

 

例えば・・・

18〜100歳の約5万5000人を

平均15年間追及した研究によれば、

「1日5〜10分のジョギング」をする人たちは、

まったく運動しない人たちより

死亡率が28%も低かったそうです!!

 

運動は大きく3つに分けられます。

 

《1. レジスタンス運動》

筋トレに代表される、筋肉に比較的大きな負荷を繰り返しかける運動。

無酸素運動とも言います。

筋トレには、筋肉量を増やし、筋力を強化して基礎代謝を高める作用があります。

 

《2. 有酸素運動》

ジョギングやウオーキング、水泳など、比較的軽い負荷で酸素を取り込みながら長時間行う運動。

有酸素運動には、体脂肪を燃やして心肺機能を高め、血管を柔らかくするなどの作用があります。

 

《3. ストレッチ》

筋肉や関節を伸ばす運動。

ストレッチは、地味で軽視されがちですが・・・

 

重要なのは・・・

体が『柔らかくないこと』ではなく、『硬くなること』です!!

体の柔軟性は、筋力や持久力と同じく、体力を構成する重要な要素の1つです!

 

体が硬くなるということは・・・

筋肉が硬くなって関節の可動域が狭くなることを意味します。

そうなると・・・

体の動きに左右差が生じるため

肘や腰を痛めたり、姿勢のゆがみが

内臓に負担をかけたり、

血行が悪くなって肩こりや腰痛が

起きてしまいます。

 

体が硬い人は血管も硬く、

動脈硬化が進んでいる

という報告もあります。

 

こうした問題の解消に役立つのが

ストレッチです。

ストレッチによって筋肉を柔らかくし、

関節の可動域を広げれば、

膝や肩、腰の痛みやケガ・コリを

予防することができます。