防府市整体腰痛肩こり改善滑液包って?

2021/08/21 ブログ
滑液包

こんにちはlaugh

腱引きサロンLumineです♪

本日は、滑液包についてお伝えしますheart

 

【滑液包ってなに?】

滑液包とは・・・

滑液と呼ばれる潤滑油の働きをもつ

液体を包む袋のことを言います。

 

滑液包がある箇所は・・・

肩・肘・股関節・膝・かかと・足

など皮下や筋肉、腱の下にあり

身体のあらゆる箇所にあります。

 

この滑液包が組織間の摩擦を軽減

してくれるクッション材としての

役割を果たしています。

 

ケガをしたり、繰り返し動作

(オーバーユース)から

影響を受けて過度な摩擦によって

滑液包に炎症が起こること

滑液包炎と言います。

 

【滑液包炎を引き起こす箇所】

滑液包炎を引き起こしやすい箇所・・・

●肩関節前部

●肘頭後方

●膝蓋前部

●膝蓋下部

●鵞足部

●足関節部

●踵骨後方

外傷などの1回の外力よりも

反復運動での摩擦が加わることで

炎症が起こります。

 

【急性滑液包炎】

急性滑液包炎の症状・・・

腫れや滑液包炎部の熱感や動作による

痛みが現れます。

 

繰り返し動作などの摩耗だけでなく

細菌感染などの感染症を伴っている

場合もあります!

 

【慢性滑液包炎】

慢性滑液包炎の症状・・・

数週間〜数ヶ月が経過していたり、

反復的に痛みを繰り返している場合が

多い関節の可動域制限や限局した

痛みが出ます。

 

【滑液包炎の診断方法】

《超音波診断》

エコー検査によって身体の内部環境を

診断することができます。

 

《MRI検査》

滑液包の炎症状況をより詳しく

診断することが可能です。

 

《徒手検査》

意図的に滑液包へ限局した負荷をかけ、

疼痛の有無で判断が出来ます。

 

※滑液包炎はレントゲン撮影で写らない

ため、レントゲン診断が出来ません!

 

【滑液包炎の治療方法】

1. 安静と患部固定

包帯やサポーターを使い、身体の動作を

できるだけ制限することで炎症を抑制します

 

2. 超音波療法

振動で直接患部にアプローチすることで

炎症及び疼痛を減少させます。

 

3. 手技療法(腱引き療法など含む)

手技で直接患部にアプローチするため

患部周辺組織の炎症を抑制させます。