防府市エステハイパーナイフ 睡眠と美容

2021/12/23 ブログ
睡眠と美容

こんにちはsmiley

腱引きサロンLumineです♪

本日は、睡眠と美容についてお伝えしますheart

 

【睡眠と美容】

年齢も使っている化粧品も一緒なのに、

肌年齢が全然違うのは、一体なぜ?

 

その答えは、睡眠と美容でした!!

 

スキンケアには力を入れるのに、

インナーケアには無頓着な人、意外と多いもの。

しかし!

睡眠や栄養といった内面美容を疎かにしていると、

積み上げてきたスキンケアの努力が水の泡に!

 

内面にも目を向けて、

努力を結果に繋げましょう!

 

【睡眠こそ美容生産のゴールデンタイム!】

睡眠ケアには、睡眠ホルモンメラトニンが大きく関わっています。

2つのポイントを押さえてメラトニンの分泌をサポートしましょう。

 

《1.毎日の生活リズムを整える》

毎日6時間以上眠るのが睡眠不足を予防する秘訣です。

日々同じ生活リズムを心がけ、メラトニンの分泌を整えましょう。

その際、

日中に光を浴びるとメラトニンの原料となるセロトニンの分泌が促されます。

 

セロトニンは別名「幸せホルモン」と呼ばれる重要なホルモンで、体内時計を整えるメラトニンの分泌に大きく関わります。

 

《2.寝る前は強い光を浴びない》

メラトニンの分泌はによって調節されています。

そのため、

夜中に強い照明を使っていたり、寝る前にスマホを使ってブルーライトの光を浴びたりすると体内時計の働きが乱れて、メラニンの分泌が抑えられてしまいます。

また、

交換神経が優位になり、リラックスできなくなるので、夜中は照明やスマホ、PCを使わないようにしましょう。

 

【睡眠は美と健康の土台】

睡眠不足になると・・・

その活動が制限されるため、

想像以上に美容と健康に悪影響を及ぼします!

 

紫外線やストレスなどで昼間に受けたダメージは・・・

睡眠中に成長ホルモンによってメンテナンスされています。

 

この成長ホルモンは体の新陳代謝を活性化して

骨や筋肉はもちろん、肌もケアしつつ、免疫力

にまで働きかける美容にも関わりが深いホルモンです!

 

その70%睡眠中に分泌されると言われており、

睡眠不足だと・・・

肌のターンオーバーが鈍くなるどころか、

バリア機能までもが低下するため、

肌のお悩みに振り回されやすくなるんです!!

 

【注目すべきはメラトニンの存在】

1日のリズムを司る睡眠ホルモンであるメラトニンは、

起きてから14〜15時間分泌がはじまり、睡りを誘う働きがあります。

 

メラトニンは成長ホルモンと同じく、

免疫力を高める働きがあるほか、抗酸化や成長ホルモンをサポートする働きもあります!

しかし!

生活リズムが乱れたり、睡眠の質が悪いとその分泌に影響が出てしまいます!

 

睡眠の質は美容の質を左右する大事な要素です!

とはいえ・・・

現代人はスマホの使いすぎ交感神経が常に優位になりやすく、良質な睡眠を取れない傾向にあります!

 

そこに不規則な生活習慣などによって睡眠不足

がプラスされれば・・・悪影響は広がるばかりです!!

 

メラトニンの分泌量は・・・

20代に比べ40代で半分

60代では4分の1に低下します!!

年々寝つきが悪くなるのは避けられないものなんです。

 

だからこそ!

日頃から睡眠ケアを行うことが大切です!!